正しい保湿のやり方を覚えれば、シミもシワも思いのままに消せます☆

うるおい
健康で美しい肌の土台です。

 

35歳を過ぎたら、うっかりすると枯れるので( ̄ー ̄)
みずみずしい素肌作りを一層心がけたいですよね。

 

しかしながら肌についての詳しい書籍を読んだところ
保湿ケアって意外と誤解していることが多いんです!

 

そこで今日はアラフォー女性にとって本当に効果がある保湿について
お伝えしていきます^^。

 

保湿を正しく行わないと、肌はどんどん老けます

 

久子は最近
【素肌美人になれる正しいスキンケア事典】
を購入しました。

 

素肌美人になれるスキンケア入門

 

皮膚科医吉木伸子さん
元化粧品開発者岡部美代治さん
栄養士小田真規子さん

 

3人の共著で
専門家がそれぞれの立場から素肌美人になる知識を伝授する内容ですが

 

 

読み進めるうちに今まで行って来たお手入れに
足りなかったことや無駄だったことがいくつもあると分かり
目から鱗がぽろぽろ落ちています。

 

やっぱり、理屈で肌のメカニズムやスキンケアを理解することは大事ですね!

 

「知識は最強の美容液」と本にも書かれていますが
しっかりと肌のこと、コスメのことを分かっておくことが
美肌作りのファーストステップとしては欠かせないと思います。

 

それで保湿について改めて見直したのですが
シミ、シワ、たるみ、肌荒れ。。。アンチエイジング全般の
お悩み解決に必須とされるのが保湿で

 

これがしっかり出来ないと
どんなに頑張っても結果に結びつかないので
まさにスキンケアの要です。

 

ところが、私を含めて保湿に関して誤解している女性は非常に多く
そのせいで、むしろ老ける場合も少なくないとか(>_<)

 

例えばなんですけれど。。。あなたもこんなことしていませんか?

 

正しいと思い込みながら実践しがちな「NG保湿」5つ

 

①肌がかさつくときは化粧水をたっぷりつけて水分を補う

②化粧水はシートマスクで肌にじっくり浸透させる

③化粧水は蒸発しないように油分で蓋をする

④テカり、ニキビ肌の人は保湿を省略して良い

⑤保湿のためにはしっとりタイプの洗顔フォームを選ぶのがおススメ

 

上記5つの「常識」は
皮膚科学的な観点によると全てNG!

 

①から解説していくと以下のようになるのですが
久子も①②③と、3つも誤解していました。。。(;´∀`)

 

 

①肌の水分は化粧水で補うものと思われがちですが
水そのものを与えても蒸発してしまうので保湿にはなりません。

 

②シートマスクで「浸透」させようとしても角層のバリア機能によって
化粧水成分は肌の奥まで入ることが出来ません。

 

③いくら油分を塗っておいても
水分保持力の無い油分だと隙間をぬって水分が蒸発するので
セラミドなど、保水に長けた油分を付ける必要があります。

 

④オイリー肌を水分不足にすると
皮脂分泌が増えてニキビが出来やすくなるので
保湿は欠かせません。

 

⑤洗顔フォームしっとりタイプで洗顔すると
石油系界面活性剤が肌に残ってヌルっとして
毛穴をふさいだりコスメの浸透を妨げるので
むしろ保湿には逆効果になります。

 

 

それでは「正しくはどうしたら良いの?」とと疑問に思いますが
専門家の先生たちがおススメする方法をこれから
一緒に見ていきましょう^^。

 

「35歳過ぎのオトナ肌」に必要な保湿のお手入れはこれ!

 

そもそも水分量が高い肌はどうなっているのかと言えば

うるおいをキープする保湿物質が肌に豊富に存在し
角層内に水分を沢山抱え込める状態になっています。

 

保湿肌のメカニズム

肌表面には第一のバリアとして
紫外線や外的刺激から肌を守る
皮脂膜がありますが、ここに水分を守る力は余りありません。

 

肌最大の保湿パーツとして働くのは
角質層で第二のバリアとして機能する角質細胞脂質です。

 

特に角質細胞脂質の50%を占めて主成分となるセラミド
スポンジのように水分を挟み細胞と細胞をつっくける美容成分で
うるおった肌を形成するのに強力なパワーを発揮します。

 

赤ちゃんの肌がぷるぷるしているのは
大人に比べてこのセラミドがたっぷりあるためなんです^^。

 

赤ちゃん肌になる

でもセラミドは生まれた時をピークに
どんどん減少していきますので

 

オトナ肌を赤ちゃん並にうるおすには
セラミドを補給して保水力を上げることがポイントになります。

 

不足しがちなセラミドはコスメで補えます

 

では不足しがちなセラミドは、どうしたら増やせるのでしょうか?

 

最も効果的なのはセラミド配合コスメを使うことです。

 

セラミドはサプリを飲んでも増えないし、体内で作るのは困難。
そこで現段階で最も効果的なのがスキンケアで補う方法なんですね。

 

ただ、セラミドと一口に言っても種類が様々で
「植物セラミド」「合成セラミド」「ヒト型セラミド」とあるのですが

ほぼ人間のセラミドと同じ成分である人型セラミドが特に高い保湿力を発揮しますので
選ぶとしたらヒト型セラミドを配合したものにしてください。

 

中でもヒト型セラミド1、2、3
いずれかを選ぶと確実です。

 

まさに理想の保湿美容クリームを見つけました!

 

ヒト型セラミド1、2、3が含まれる保湿コスメ
で、良い化粧品はないかしら?」

 

久子もあれこれリサーチしていたのですが

 

折良くナールスピュアの販売元ディープインパクトさんから
9月に発売される新作の保湿美容クリーム【ナールスユニバ】のサンプルを
数日前に頂いたので、確認したところ。。。

 

ナールスユニバ

まさにヒト型セラミド1、2、3が配合された
美容クリームでした(´▽`*)☆

 

ナールスユニバ

しかも、コラーゲンを2~3倍に増やすナールスゲン
天然の保湿美容液シアバターまで配合されていて

 

【スキンケア事典】に書かれている理想が
そのままコスメとして結実した夢の美容クリームなんです。

 

これは偶然なんでしょうか。。。?
タイミングが余りに良すぎて正直驚いています。

 

今日で試して4日ですが、写真におさめたら、こんな感じ。
何となくぷるぷるんとしてますね^^。

 

久子ナールスユニバを試す

それでは、これから保湿のこと、【ナールスユニバ】のこと、
時間を追ってお伝えしていきます^^。

 

赤ちゃん肌目指して、ガンバリマス☆

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

当ブログが少しでもお役に立てましたら
 こちらのボタンを押して頂けますと

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ とても嬉しいです^^☆

 

コメントを残す




CAPTCHA