老けて見えるほうれい線をかわいく魅せながら、徐々に薄くする方法

ほうれい線が口元に深く刻まれると
どうしても老けた印象になりますね。

でも、ほうれい線が出来てしまっても、落ち込まないで!

実はほうれい線って赤ちゃんでも若い美人でも
ある人にはあるからです。

そこで今回は、ほうれい線フェイスをかわいく演出しながら
徐々に目立たなく、薄くしていくプロセスを見ていきます。

 

 

ほうれい線があると、どうして老け顔に見えてしまうの?

 

私たちには「顔にシワがある=老けている」という認識が根付いています。

しわは目元やおでこなど、色々なところに出ますけれど
口元に刻まれたほうれい線は、とても目立つ存在ですから
それでどうしても、老化サインの主たるものとして捉えられるんです。

ところが、
ほうれい線は必ずしも老化とイコールではありません。

 

生まれつき赤ちゃんの頃からある人もいますし
若い女性にだって、勿論美人にも出ている場合があるからです。

だったら、ほうれい線が出ていても、そんなに慌てる必要ないってことですよね^^?

そのほうれい線をキュートに魅せる工夫をして
それから徐々に薄く、目立たなくして行けば良いんですもの。

それでは、その具体的な方法を見ていきましょう^^☆

 

ほうれい線美人がかわいく若く見える理由

 

それは2つあります。

1つには、肌がみずみずしいから。

 

ほうれい線が老けのイメージに結びついてしまうのは、
皮膚にハリがなかったり、くすんでいたりで
やわらかくなめらかな印象を与えられていないからです。

ですから、ほうれい線カモフラージュのために、もぎたての桃のような
ふっくらぷるぷるお肌を育ててしまえば良いってことですね。

 

そしてもう1つは頬骨の位置が高いからです。

ほうれい線が若肌でも目立つ美人は
概して頬骨がリフトされていて、お顔のめりはりがはっきりしているんです。

こういう場合は、むしろほうれい線がカッコ良い印象になります。

ですから、ほうれい線が気になるようでしたら、頬骨を高くリフトする
意識を常に持ってください。それだけでも、美人度が高まりますよ^^。

 

それでは次に、ほうれい線を薄くする方法をまとめてみます。

 

ほうれい線を目立たなくするには?

 

そもそも加齢とともにほうれい線が出てしまう理由とは
どんなことなのでしょうか。

それは、たるみとむくみが頬のお肉を下垂させるから。

 

本来は頬の位置にまあるくキープされていたお肉(=筋肉+皮膚)が
コラーゲンの減少や血行不良によって下 降していき
その結果口元にしわを作ってしまうんですね。

 

では、ほうれい線を薄くするにはどんな対策が有効でしょう?

垂れ下がったお肉をリフトアップして
頬骨の高い位置に戻してあげれば良いんです。

そのためにはエクササイズやストレッチで表情筋をしっかり使うこと。
マッサージで顔のコリをほぐして、お肉をふわふわにして頬のトップに集めること。
大事にしましょうね。

それからコラーゲン生成を促す美肌習慣をつけることも有効です。

 血行を改善して代謝を上げる

血液は栄養や酸素の運び屋さんなので、コラーゲンを作る材料も
血の巡りを良くすることで沢山お肌に届きます。

 良質なビタミンC、E、タンパク質、鉄分を摂る

コラーゲンの材料になる栄養素は積極的に食べましょう。
レモン、ナッツ類、魚、大豆、ひじき、ゴマなど。。。

 睡眠をしっかり取る

肌細胞は私たちが眠っている間に作られますので
心地良い眠りを大切にして、早寝早起きすると良いです。

以上、ほうれい線対策でした^^。
キュートな笑顔で頬をふんわりリフトアップしながら
明日のキレイを一緒に目指しましょうね。

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

当ブログが少しでもお役に立てましたら
 こちらのボタンを押して頂けますと

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ とても嬉しいです^^☆

 

コメントを残す




CAPTCHA